医療機関向け IT機器管理システム SKYMEC IT Manager

情報漏洩対策と安定運用。医療ITの課題解決を支援いたします。

病院で取り扱うデータには、日々増大する個人情報が存在しており、ITによる電子化や、マイナンバー、医療等ID(仮称)などの新しい制度の導入により、今までは考慮する必要がなかった新たな情報漏洩対策が求められています。

さらに、病院内のIT機器管理もIT利用が前提となった仕組みが定着している現在では、IT機器の障害によるシステム停止が診療行為に即、影響を与える場合もあり、IT機器の安定運用は、ITシステム担当者の人員不足とともに病院経営の大きな課題となっています。

これらの課題を解決するため、医療機関向けIT機器管理システム「SKYMEC IT Manager」は、病院へのヒアリングを重ね、病院に必要な機能を搭載。今後、より複雑化、高度化する医療ITを支援いたします。

Interop Tokyo 2016 出展のお知らせ

導入いただいているお客様、保守契約ユーザー様向け

保守契約ユーザー用WEBサイト パスワード発行
SKYMEC IT Managerが提供する価値

患者様の個人情報を守る情報漏洩対策

情報漏洩対策機能による、電子化された個人情報の適切な管理を実現。また、IT機器の管理ミスなどに起因する情報漏洩の防止を支援する機能も搭載しています。

IT機器の安定運用を実現、業務を止めない

病院では24時間365日PCネットワークが稼働しており、PCトラブルで診療を止めることは絶対にできません。PCの異常を事前に把握するなど、病院へのヒアリングから生まれた機能でIT機器の安定運用をサポートします。

Sky株式会社の医療分野での導入実績

Sky株式会社が開発・販売している医療機関向け IT機器管理システム「SKYMEC IT Manager」とクライアント運用管理システム「SKYSEA Client View」は、合わせて日本全国356の病院でご導入いただいています。私たちSky株式会社は、このシステムをすでにご利用いただいている病院のユーザー様に、病院経営や医療現場における課題などについてヒアリングを実施。いただいた意見、要望を商品開発に活かし、より病院で役立つIT機器管理システムの開発に取り組んでいます。※2016年4月末現在

「SKYMEC IT Manager」「SKYSEA Client View」の実績 「SKYMEC IT Manager」「SKYSEA Client View」の実績グラフ
このページの先頭へ