システム構成

基本構成

運用管理のための基本的なサーバー構成

  • ※1 画面操作録画機能をご利用の場合は、録画データをログデータとは別のサーバーに保存可能です。それぞれ別々に保存することで、サーバーの負荷を分散することができます。
  • ※2 以下の条件でのみマスターサーバー・データサーバー・ログ解析サーバーと同居可能です。端末台数1000台以下、ログデータWeb閲覧機能へのログオンは同時に1ユーザーまで(ログ検索件数の上限は50000件に制限されます)、スペックは、技術資料の技術資料「システム構成」に準じます。上記以外の場合は、マスターサーバーのほか、 SKYMEC IT Managerのほかのサーバー機能との同居不可。専用のサーバー機が必要です。

HTTP通信で利用する場合

HTTPを利用し、インターネット経由で 資産情報、ログデータを管理する構成

※HTTPゲートウェイサーバー1台につきインターネット接続する端末1000台まで管理することができます。1000台毎にHTTPゲートウェイサーバーが1台必要です。

HTTPゲートウェイサーバーのマシンスペック
CPU:4コア/4スレッド/1.8GHz 以上 メモリ:4GB以上 HDD容量:10GB以上
HTTPゲートウェイサーバーは、Windows ServerとLinux Serverに対応しています。対応OSの詳細は、技術資料の「OS 対応表」をご確認ください。

申請・承認ワークフローシステム対応構成

IT資産の利用状況を管理するための構成

クライアントPCやソフトウェアなどのIT資産の利用申請および承認のワークフローを、Webシステムで運用する「申請・承認ワークフローシステム」のための構成です。Webシステム専用のサーバーを設置します。

サーバー監査対応構成

サーバーのアクセスログ・イベントログを収集するための構成

既設サーバーにSKYMEC IT Managerの監査モジュールをインストールし、サーバーのアクセスログやイベントログを収集するための構成です。SKYMEC IT Managerで監査を実施するすべてのサーバーにモジュールをインストールします。

SKYMEC IT Manager for MDM 対応構成

iPhone / iPadの運用を管理するための構成※1

「SKYMEC IT Manager for MDM」でiPhone / iPadの運用管理を実現するためのシステム構成です。病院内、病院外にあるiPhone / iPadとの通信を行うためのサーバーやデータを中継するサーバーを設置します。また、サーバーからiPhone / iPadに対する資産情報収集や、リモート制御通知などを行うために、Appleプッシュ通知サービス※2を利用します。

  • ※1 iPhone / iPadの運用を管理するための構成について、制限事項があります。詳しくは、制限事項の「SKYMEC IT Manager for MDMのご利用について」をご覧ください。
  • ※2 Appleプッシュ通知サービス(APNS)をご利用いただくには、事前にAPNS証明書を取得していただく必要があります。取得には、AppleIDが必要になります。また、APNS証明書は、年に1度更新が必要です。

シンクライアント対応構成

シンクライアント環境でSKYMEC IT Managerを運用するための構成

「サーバーベース方式」のシンクライアント環境でSKYMEC IT Managerを運用するための構成です。シンクライアント端末機からリモートログオンによるコンピューター資源利用状況を管理できます。通常のサーバー構成にシンクライアントシステムを導入した共存にも対応しています。