過重労働対策をサポートする機能もご用意

政府主導で本格的な対応が進められている過重労働対策。
SKYMEC IT Managerでは、職員の労働時間の把握を支援します。

ログをレポート集計し、職員の業務時間の把握に活用

ログ解析レポート

PCの稼働時間を活用し、
業務・残業時間を視覚的に把握

ユーザー別 / 部署別作業時間解析レポート関連特許取得
職員(ユーザー)ごとにPCの稼働時間を集計し、月の作業時間が多いユーザー順にグラフで表示。残業時間が多い職員などを確認することができます。

PCの電源ON / OFF状況から
出退勤の時間を把握

電源ON / OFF一覧
PCごとに初回電源ON時刻と最終電源OFF時刻を一覧で表示。勤怠管理システムで申告された出退勤時間との差異を確認する際などにお使いいただけます。
「労働時間の記録」は長期間の保存が必要
労働基準法第109条では、使用者が労働時間の記録(出勤簿、タイムカード、ログなど)を3年間保存しなければならないことを定めています。SKYMEC IT Managerでは、PCのログを最大10年まで長期保存することが可能です。